■店舗内装のコンセプトにあわせた照明器具の選び方 
 その2 LEDのメリットとデメリット


LED照明には 皆さんがご存知のように
低消費電力・長寿命というメリットがございます。


賢いLED照明選びのために、
メリットとデメリットを理解しておきましょう。


今回は、LEDのメリット・デメリットを紹介します。


① LEDのメリット

-------------
寿命が4万時間、長いもので6万時間であり、
蛍光灯・白熱灯と比べ取替える回数が減り、その分の手間が要らない。

-------------

消費電力が蛍光灯の約2分の1、白熱電球の約10分の1で電気代が安く、電気料金を低コストに抑えられる。

-------------

二酸化炭素の排出量が蛍光灯・白熱灯に比べると少なく、水銀も未使用なため環境に優しい。

-------------

低温でも発光効率が変わらず、室温・気温に左右されずに安定して明るさが保たれる。

-------------

トイレや洗面所などON/OFF切り替えの激しい用途でも寿命が縮まない。

-------------

紫外線や赤外線の放射がほとんど無いため、美術品の損傷が心配ない。

-------------

紫外線を出さないので、蛍光灯に比べて虫を寄せ付けにくい為、街灯に使用することに適している。

-------------

直流電流を使用するため、「チラつき」がないので目に優しい。



 0102_1

② LEDのデメリット

-------------
蛍光灯・白熱灯に比べて値段が高い。

-------------
白熱電球や蛍光灯の光はすべての方向に等しく放射されるが、
LED電球の光は方向によって光の強さが異なる。
よって均一に光を放射できず、部分的に暗く感じることがある

-------------
LED電球には電源回路が入っているため、
蛍光灯・白熱灯と比べて、重量が重い。

-------------
高温に弱く長時間高温にさらされると寿命が縮む可能性がある。

-------------

このようなメリット・デメリットを理解して、
店舗照明選びをしていきます。

■その1 LEDとは
■その3 LED照明の用語集
■その4 店舗における照明設計(基礎編)①
■その5 3人の日本人研究者が開発に成功し ノーベル物理学賞を得た、青色LEDとは?

●超特価 照明器具ベストセレクションはこちら